divisions

診療科のご案内

内科

当院医師の他、岩手医科大学循環器内科、県立中央病院、総合診療科より診療応援いただいております。 月曜日午後、木曜日午後、金曜日午後及び第2、4、5水曜午後は休診となります。

外科

当院医師の他、岩手医科大学外科・県立中央病院消化器外科・愛生会昭和病院外科・東北大学小児外科より診療応援いただいております。 午後は休診となります。診療日は、診察予定表をご覧下さい。

脳神経外科

現在、休診中です。

小児科

月2回、第2・第4水曜日の午前に診療応援いただいております。 予防接種及び乳児健診が主となります。外来受診されたい場合は、事前にご連絡をお願いいたします。

眼科

毎週月曜日の午後と水曜日午後と木曜日の午後の隔週に、岩手医科大学眼科より診療応援いただいております。 診療は予約制となっております。初めて受診される場合はお電話等でご予約ください。

整形外科

週1回、木曜日午前に岩手医科大学整形外科より診療応援いただいております。 診療は予約制となっております。初めて受診される場合はお電話等でご予約ください。

Nursing department

看護科

 当院は一般病院ですが、入院患者さんは高齢の方が多く、食事介助や排泄介助などの日常生活援助も看護師の重要な仕事になっています。
 看護スタッフは34名の看護師、7名の准看護師、そして10名の看護補助員(H29.4.1現在)が病棟、外来、透析室、地域ケア部で仕事をしています。病棟はベット数が80床で2チームに分かれ3交代勤務の看護体制をとっています。
 入院時に、退院までのお世話させていただく受け持ち看護師を決めております。日々の看護は、当日の担当看護師が病室に名札を掲示し責任をもって行っております。
 介護が必要な患者さんについては、 退院に向けて本人と家族を中心に、関連機関のスタッフも加わって介護サービスや訪問診療・訪問看護などの調整を行って患者さんが安心して退院できるようにしています。
 

○看護理念
  
患者さん一人ひとりを尊重し心あたたまる看護を提供します。
 
○研修について
  
院内: クリニカルラダー(看護実践能力指標)を用いて、そのレベルに合わせた支援を行っています。H25年度からは、学研ナーシングサポートシステムを導入し院内研修の充実を図っています。
  
院外: 済生会学会や済生会本部主催の研修会、看護協会等の研修に派遣しています。

 近年、都会の大きな病院に看護師が集まる傾向があり、地方の病院は看護師不足が深刻な状況です。新卒の方、ベテランの方、ブランクがある方、当院で働いてみたいという気持ちがあれば大歓迎です。星がきれいで、おいしい水とおいしい空気のいっぱいある岩泉で一緒に働いてみませんか。

department

部門

薬剤科

スタッフは薬剤師2名、薬剤助手2名。
処方箋にもとづき薬の量や飲み合わせなどを確認をし調剤を行っています。その他、服用の説明や医薬品在庫管理、また、医薬品情報を収集し安全で適正な医療品の提供に努めています。

診療放射線科

スタッフは技師1名。救急の場合は夜間休日のレントゲン撮影も行っております。
装置は一般撮影装置、X線CT、MRIなど。装置はすべてデジタル化(CR)されており、少ない線量で撮影し、患者さんの負担軽減に努めております。

検査科

スタッフは技師2名。夜間呼び出し、休日のオンコール体制もありますが、患者様のことを考え日夜頑張っています。ルーチン検査・緊急検査・健診対応なども機器を万全に整えながら対応しております。

理学療法科

スタッフは理学療法士1名、助手1名。運動器リハビリテーション(Ⅲ)の施設基準のもとに理学療法を実施しています。治療内容は、運動療法、ADL指導、物理療法が中心となっています。

管理栄養科

スタッフは、管理栄養士2名・栄養士1名のほか、調理師(委託)が協力し美味しく喜ばれる食事提供を目指して頑張っています。当院入院患者さんの食事のほか、隣接する特別養護老人ホーム百楽苑の入所者の食事も提供しています。